単一キーワードや複合キーワードの需要と供給(競合性・競合度計算)2

前のページ
「単一キーワードや複合キーワードの需要と供給(競合性・競合度計算)1」
では、1語による単一キーワードのキーワード検証を行いました。

 

では次に、2語以上の複合キーワードについてみていきます。


アフィリエイト 楽天(約3,870,000件)」の月間推定検索数
Yahoo 143 Google 98 合計で241です。
1検索数あたりのライバル数は、3,870,000÷241=16058
少ない需要でこんなにライバルがいるので、
このキーワードで 上位表示を狙うのはかなり難しいでしょう。


アフィリエイト アドセンス(約515,000件)」の月間推定検索数
Yahoo 47 Google 32 合計で79です。
1検索数あたりのライバル数は、515,000÷79=6518
上の楽天の結果と比較すると、
需要が79と少ないですが、ライバル数も少ないため、
1検索数あたりのライバル数が少ない結果となっています。
アフィリエイト アドセンス」のほうが、上位表示とアクセスを稼げる
可能性が高いといえます。

また、


アフィリエイト アドセンス インド スカイツリー ハンガリー ギリシャ」の月間推定検索数
データが見つかりませんでした→ほぼ0
ご想像どおりの結果です。
ほとんど検索する人がいません。
これでは、例えこのキーワードで上位表示できたとしても
アクセスはほとんど見込めません。


キーワードアドバイスツールや、自分の思いついたキーワードがあれば、
サイトやページを作りこんでいく前に調べてみると良いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました