アフィリエイト記事のネタを探す方法

◆ニュースサイト

やはり、誰もが関心を持っているニュースサイトから探すのは定番です。

皆が知りたいので、ツイッターなどで導入部だけツイートし、

続きはこちらといった感じで、リンクを貼る方法もよいと思います。

ニュースサイトには、

Yahooニュースgooニュースlivedoorニュース

GREEニュースAmebaニュースエキサイトニュース

などがあります。それぞれ特徴があるので、

気に入ったものを選ぶとよいでしょう。

 

◆速報系情報サイトから探す

速報系というと

Yahooリアルタイム検索

Yahoo急上昇ワード

2NN(2ちゃんねる速報)

kizasi.jp:ブログから、話題を知る、きざしを見つける

などがあります。

これらから、最近話題になっていたり、検索されている情報・キーワードなどからネタを探します。

ヤフーニュースよりも、ツイッターや2ちゃんねるで先に話題になることが結構あるので、

先手を打つ点では、要チェック。

 

◆未来予測で探す

Yahoo!テレビガイドで、今後放映されるドラマやバラエティー、映画などがわかるので、

先手を打ってコンテンツを制作するとアクセスが稼げます。

イベントカレンダー系

Yahooイベントカレンダー

るるぶイベントカレンダー カレンダーから、翌月以降のイベントをチェック

今後どのようなイベントがあるか知ることができます。

お花見・バレンタインデー・ホワイトデー・夏祭り・花火大会・イルミネーションなどの

季節によるイベントや関連スポットを前もって知ることも重要です。

Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル

広告を貼る上で、どんなイベント・キーワードが効果的か情報が満載です。

広告を使用しなくても、しっかりと学べ、情報収集ができます。

 

◆ネタから記事を書いていく実践上での注意点

ホームページ(サイト)が作りたての場合は

特にインデックス(googleが検索に表示する)が遅いので、

記事がグーグルに掲載される頃には、「もうそのネタは古いよ!」といったことにも

なりかねないので、未来予測をして、記事を書きましょう。

話題になってから記事を書いていたのでは遅いので、話題になる前に記事を書きます。

季節的な記事は数ヶ月前から書いておくとしっかりアクセスが見込めます。

 

サイトのインデックス(グーグルへの表示)が早くなってきたら、

速報系情報サイトを利用するのがよいでしょう。

インデックスが遅いうちに利用すると、数日から数週間後の掲載となり、

検索する人も大幅に減ってしまっているので、あまりアクセスが見込めません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました